あなたの“疲れ”は、『ビタミン不足』が原因かも!?

前回は、『ビタミン』の“種類”や“働き”についてお伝えしました。

ビタミンの役割は、“生命活動にともなう様々な化学反応をたすけ、体の機能を調整する”こと。に例えると、車の機能をスムーズに発揮させる“オイル”“潤滑油”となります。

このようにとても大切な役割をしてるビタミンですが、現代の食生活において“ビタミン不足”が心配されています。
 
“飽食の時代”といわれている現代で、なぜこのようなことがおきているのでしょうか?

今回は『ビタミン』において、

なぜ、“現代の食生活”では『ビタミン不足』になりがちなのか?
ビタミンが不足すると、体にどのような“影響”がでるのか?

について、お伝えしていきますね。

『ビタミン』って、“1日どれくらい”摂ればいいの?

『ビタミン』の“生理作用”と「摂取基準」

一言にビタミンといっても多くの種類があります。そして、各々が“生命活動の維持”に必要な作用を担い、これを生理作用といいます。

“生理作用”のために必要なビタミンを摂らないと体に「欠乏症」が発生します。そうならないために必要なビタミンの“摂取量”最小必要量といわれるものなのです。
 
この「最小必要量」に安全を見積もって“2割前後の上乗せをした量”が、そのビタミンにおける1日の『摂取基準』となっています。(ただし、国によって差があり)。

摂取基準欠乏症”にならないための目安。「国民栄養調査」や学校・病院などの給食、料理などの献立はこの基準をもとにしているんですね。


 
実際のところ、個々の作物が育てられた土地や時期・収穫してから調理するまでの損失・その人のストレス状態や胃腸の状態・年齢・運動量など、様々な要因で“必要量”も違ってきます。

そのため、病気とまではいわないけれど“なんとなく調子がでない”と訴える方に潜在的なビタミン欠乏症の人がかなりいるのです。

『ビタミン』の“薬理作用”と「薬用量」

1日の「摂取基準」の“3~100倍”という大量のビタミンを摂取しつづけると、“生理作用にとどまらない効果”がでることがあり、その作用を薬理作用といいます。

しかし、実際には“食事から「生理作用」すら摂れていない人も多い”のが現状。その場合はビタミンのサプリメント(栄養補給食品)を利用することが必要となります。
 
サプリメントを摂ることで、不足している“生理作用”のための補いができます。

また、「癌・心臓病・脳卒中・糖尿病・骨粗鬆症」などの“生活習慣病”や“老化”を防いだり、治したりすることで“健康のレベルアップ”も期待できるんですね(*^^)v

とっても怖い!!『ビタミン』が不足すると・・

ビタミンといっても種類が多いので、ここでは“日本人の多くが不足”している「ビタミンB₁」欠乏症の経過をみていきましょう。


 
健康なボランティアの人に、すべての栄養素を含むけれど、“ビタミンB₁”だけがわずかに不足した食事を続けてもらうと、どうなるか?という経過例があります。

① 数日で

数日間、“わずかな欠乏”でもタミンの摂取不足」が続くと、体に蓄えられた『ビタミン』が少しずつ失われます

その結果、血液中や尿中に排泄する“ビタミン量”が減少体内のビタミン量が“ある程度以下”になると、「ビタミン」の協力で行われている体内の“代謝反応”に異常が起きてきます

そして、エネルギー生産が“低下”し、「ビタミン」が関係する様々な反応が乱れてきます
 
その結果、無気力・憂鬱・食欲不振・疲労感・うつなどの症状が現れてきます。しかし、それが“栄養不足で起きたとは理解されない”ので、医者にかからないことが多くなります

② 1ヶ月で・・

1ヶ月も“欠乏症”が続くと、心臓・胃の不調・不眠・便秘・手足のシビレ・頭の回転が鈍る・集中力の低下など、ビタミン欠乏の特徴である“清浄”があらわれます

③ 5ヶ月で・・・

数ヶ月の“欠乏症”が続くと、心電図の乱れ・胃酸の分泌停止・うつ・精神障害などの病気になります。

 
このように「ビタミン不足」は、“体や心”に多くの不調をおこしますが、“栄養不足だと気づくひとは少ない”のです。この段階で病院に行くとビタミンが処方されるのではなく、“現れた症状”に対する薬が処方されるのです。

ビタミン不足の“原因”

食品に含まれる「栄養素」の“低下”と“無駄使い”

昔のように有機肥料ではなく、“化学肥料”にたよる農業・“畑を休ませない”で収穫しつづたこと・“土を使わない”水耕栽培・ビニルハウス栽培・品種改良・遺伝子組み換えなどが重なって、野菜や果物にふくまれる栄養素は減りづつけているのです。


 
また、「精製食品・加工食品・食物添加物・食事の偏り(肉・乳製品・砂糖・脂肪)・ストレス・環境ホルモン」なども“栄養素の無駄使い”をさせています

その結果、多くの日本人は“カロリーは取れていけど栄養不足”になっているんですね (>_<)

『水溶性ビタミン』は、調理でも“減る”

実は、ビタミンは“収穫したときから減っている”のです。

水で洗う段階でもビタミンは減り、水溶性ビタミンは調理によって大幅に失われます。とくに“茹でたり煮たり”することで多くのビタミンが失われます
 
例えば、ほうれん草のカロチンは茹でると“損失率”がもっとも大きく、10%~25%も失われます。そして『ビタミンC』は“32%~84%”も失われてしまうのです!

さらに、ほうれん草を“茹でてから水にさらす”と、ほとんど“ビタミンCは残っていない”ことになります。


 
ジャガイモの「ビタミンC」について、次のような報告があります。
 
皮をむかずに“丸のまま”茹でたときの「100gのビタミンC含有量」を調べると、

  • 生:5.4mg
  • 加熱後 20分4mg
  • 加熱後 60分2.5mg
  • 加熱後 135分0.9mg

になったということでした。
 
つまり、“加熱するほど、急激にビタミンCは減少していく”のです。

これは、じゃがいもを“丸のまま”で茹でた結果です。もし“小さく切って”同じ実験をすると、“より急激”にビタミンCは失われるはずです。

脂溶性ビタミン“水洗い”や“加熱調理”による損失は少なく、“油と一緒に調理し摂取する”ことで「吸収率」が高まります

例えば、トマトを「オリーブ油」で炒める“イタリア料理”は、トマトの「ビタミンA・E」を摂るためには“効果的な調理法”といえますね (*^^*)

まとめ

“ビタミン不足”、つまり摂取量が最低必要量を満たさないことが原因でおこる病気がビタミン欠乏症

そして代表例として、次のものがあります。

『ビタミン欠乏症』の代表例
  • 『夜盲症』・・・ビタミンA不足
  • 『脚気』・・・ビタミンB₁不足
  • 『壊血病』・・・ビタミンC不足
  • 『くる病・骨軟化症』・・・ビタミンD不足

ビタミンの必要量はわずかですが、ほとんどが“体内で合成できない”ので毎日コンスタントに摂る必要があります。

しかし、現代の食生活では「ビタミンの“潜在的欠乏症”の広がり」が懸念されているのが現状です。
 
とくに、日本人は“エネルギー源を「糖質」に多くたよる”ため、ビタミンB群が不足しがち

各地の検査で、血液中のビタミンB群“正常量より少ない”方が多くみられ、結果として体がだるい・疲労感・めまい。頭痛・動悸・息切れ・便秘・下痢などの不定愁訴を訴える方も多くなってきています (>_<)


 
必要量のビタミンは、“3度の食事”でまんべんなく摂るのが理想です。

とくに“疲れがたまったなぁ~”と感じたときは、体の状態にあったビタミン剤を活用するのも“疲労解消法”の1つですね (^^)
 
【次回はこちら↓↓】