ユーキャン『ケアマネジャー講座』の勉強方法⑤:『総合模試試験』に挑戦する。

ケアマネ試験を得点率9割で1発合格した私が、どのような方法でケアマネ試験の勉強をして、1発合格できたのか?”をお伝えしている、

ケアマネ試験“1発”合格講座!!
 
前回は、ユーキャン『ケアマネジャー講座』の教材を活用して、『まぎらわしい箇所ノート』の作り方についてお伝えしました。

ここまでくればケアマネ試験対策の『自己流ノート』作成は、ほぼ完成です。
 
この『自己流ノート』は、まさに合格必勝ノート。

言うならば、あなたの“努力の証”!!

ぜったいに合格します!頑張っていきましょう !(^^)!
 
今回は、ユーキャン『ケアマネジャー講座』の勉強方法の最後として、

“総合模試に挑戦しよう!”

というテーマでお伝えしていきますね (^^)

『自分流ノート』をひたすら暗記しよう!

これまで、ユーキャン『ケアマネジャー』講座を活用した自己流ノートの作り方をお伝えしてきました。

まだノートを作りをしていないというあなたは、以下の記事を参考にして『自己流ノート』を作ってみてくださいね (*^^*)
 
※『基本テキスト』を活用したノートの作り方

※『添削課題』を活用したノートの作り方

“まぎらわしい用語や表”をまとめるためのノートの作り方

そして、ある程度『自己流ノート』の作成が終わった後にすることは・・

ひたすら覚える!
 
もう一度いいます。

ひたすら覚えましょう!!
 
これは、もうやるしかない。それ以外に方法はありません!

以前、“1発”で『ケアマネ(介護支援専門員)』の試験に合格する勉強方法を教えます!!の記事で“楽をして試験に合格する内容ではない”とお伝えしました。

そう、ケアマネ試験に簡単に合格する近道はなく、やったもん勝ちなのです。
 
世の中に出回っている、

「簡単に」

「誰でも!」

「すぐに!!」
 
という言葉は、ほとんどがウソ!!そんな言葉に騙されないくださいね (>_<)

とにかく、暇をみつけては『自己流ノート』の内容を覚えまくりましょう!

それが合格への近道です (*^^*)

『自己流ノート』の内容を頭に入れれば、『総合模試試験』もバッチリ!

前置きが長くなりましたが、今回の本題に入ります。
 
ユーキャン『ケアマネジャー講座』の最後の課題として総合模試試験があり、この課題をクリアすると「教育訓練給付制度」で給付金を申請するための「受講修了書」がいただけるのです。

要するに、給付金をもらうための最後の砦。お金をいただくためには“合格点”に達しなければなりません
 
でも、心配ご無用!!

『自己流ノート』の内容をしっかり頭に入れれば、『総合模試試験』でも“合格点”をとることできます

ある意味、私はこの給付金をもらうために一生懸命勉強しました(笑)

私の『総合模試試験』の成績

さて、“言うは易し”なので、いつものように論より証拠。

『自己流ノート』を頭に入れて受けた、私の『総合模試試験』の成績です。

300点満点中、240点“得点率8割”でした。

これは、何も“私だからできた”わけではありません。私は、これまでずっとお伝えしてきたように、

『自己流ノートを作る』⇒『ひたすら覚える』
 
という作業を繰り返してきただけで、特別なことは何もしていないのです。

しっかり勉強し続ければ、これぐらいのことは出来るはずです (*^^)v

“言い訳”する人は何をやっても無理!!

でも、ぜったいにダメなのは、

“めんどくせ~”

“こんなことをやったって意味ない!”

“時間がないから・・”

と言い訳ばかりすること。
 
こういう意識では、いつまでたっても合格なんて“無理無理”です。

でも、ここまでしっかり勉強されてきたあなたなら大丈夫!しっかりと、総合模試試験で合格点をゲットしましょう !(^^)!

もし、ノート作りなど勉強方法でわからないことがありましたら、コメントをいただけたら幸いです (*^^*)

 
さて、今回でユーキャン『ケアマネジャー講座』を活用した勉強方法はおわりとなりますが、ユーキャンで得られる力はあくまで“基礎力”だと私は思っています。

そこで、次回は市販の「参考書」や「問題集」を活用した“『応用力』をつけるための勉強方法”についてお伝えしていきますね (*^^)v
 
【次回はこちら↓↓】